MENU

直木賞作家 藤沢周平も大好き?絶品、孟宗汁!

Pocket

マツです!

今回は、私の郷里の山形県庄内地方の名物である「孟宗汁(もうそうじる)」

を紹介したいと思います!

毎年この時期になると、食べずにはいられないちょーうまい郷土料理です!

鶴岡出身の直木賞作家『藤沢周平』さんも大好きだったようです!

 

孟宗汁とは?

孟宗汁は、筍(孟宗竹)を具とした汁ものです。筍(孟宗竹)は日本全国

で生産されていて、筍ご飯、煮物、てんぷら、様々な料理で食されていま

すよね。

しかし、山形県庄内地方で食されている「孟宗汁」は、孟宗竹に、椎茸

厚揚げ、(豚肉を入れる場合もあり)などの具を入れて酒粕と味噌で

仕立てた汁もので、とてもシンプルなのですが、多くのファンをもつ逸品です。

また、この時期は、毎日でも食べたい郷土料理です。

 

孟宗汁は山形県庄内地方の郷土料理!

孟宗竹は全国で生産されていて、生産量は、1位:福岡県、2位:鹿児島県

3熊本県と九州、四国、京都など暖かい地方で多く生産されています。

また、孟宗竹生産の北限は、東北南部の山形県と宮城県となっているようです。

「孟宗汁」大好きな地域 庄内は、「孟宗」の一大消費地であり、また産地

でもあります。庄内は「孟宗」の北限といわれ、その孟宗は柔らかく独特の

甘味があります。

春の訪れとともに南国産から孟宗を食べ続け、そして最後に地物の朝堀り

「孟宗」食べ、やっぱり地ものの「孟宗汁」が一番と納得する

この「湯田川孟宗」は大変人気があり、朝掘り孟宗を目当てに地元の人

のみならず県内外から多くのファンが押し寄せるのです。

 

湯田川の直売所も朝早くから大勢の人で行列ができていますね。

 

JA鶴岡大泉支所(直売所)でも開店前から並んでいますね。早く並ばないとすぐに

売り切れになってしまいます。

すごい量なのですが、あっという間に売り切れます。

 

湯田川孟宗の特徴は?

「湯田川孟宗」は、赤土でしっとりとした粘土質の土壌や、冷たい雪解け水に

育まれ、全国的に名を知られる良質なたけのこに育ちます。

えぐみがなく、色白で、やわらか、そして風味も豊かです。孟宗は掘った直後から

えぐみの成分が急激に増加するため、収穫から調理までの時間が短ければ短いほど

良いとされています。そのため湯田川孟宗でも、早朝に採り入れ、収穫から5時間

以内のものは「朝掘り」といわれ珍重されています。

一般的なたけのこは米ぬかを使い、下ゆでをする「アクとり」が必要ですが、

朝掘りのものは水から40分~1時間ほど茹でるだけと調理が簡単です。

そして代表的な孟宗料理の一つが「孟宗汁」です

有名作家『藤沢周平』さんも大好きな「孟宗汁」

直木賞作家『藤沢周平』さんといえば、江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の

哀歓を描いた時代小説作品を多く残しました。シリーズ作品としては、用心棒日

月抄シリーズ、隠し剣シリーズなどがあり、映画にもなったたそがれ清兵衛」、

蟬しぐれ」などが有名ですね。

『藤沢周平』さんは、現在の鶴岡市出身であり、「孟宗汁」を食べていたようで

毎年5月になると思いだす季節の味と語っています。

「孟宗汁」は、庄内の春を代表する郷土料理で、庄内地方では、「孟宗」は春の

食卓を彩る旬の食材として愛されています。

 

湯田川温泉「孟宗まつり」

湯田川温泉では5月中旬に孟宗収穫のピークを迎えます。

そして4月下旬から6月初旬頃にかけて、湯田川温泉で開かれるのが

「孟宗まつり」。各旅館でさまざまな孟宗料理に舌鼓を打つことができます。

孟宗汁はもちろん、孟宗ごはんや孟宗木の芽和え、孟宗の刺身や天ぷら

孟宗田楽、焼き孟宗…、それぞれの旅館自慢の孟宗づくしの料理を楽しみに

全国各地からたくさんの人が訪れます。孟宗竹で地酒をお燗した「かっぽ酒」は

竹の香りと甘みを感じることができ、こちらも人気です。

詳細は下記から

湯田川温泉 孟宗祭り

また、この時期には、宿泊者を対象とした孟宗の収穫体験も行われています。

孟宗掘りの達人の指導のもと、自分の手で収穫した孟宗はまた格別です。

 

 

孟宗汁の作り方

孟宗竹は新鮮なものであれば当然あく抜きは不要です。

収穫後少し時間が経ったものは、お湯で20分程度下茹でして毒素(青酸配糖体)

を除去します。好みですが、米糠などであく抜きしない方が、エグミが残り、

孟宗汁としては美味しいと思いますね。

<材料>

  • 孟宗竹 500g
    (下茹でして皮を除いた分量)
  • 厚揚げ 1枚
  • 生椎茸 4個
  • 酒粕  100g
  • 味噌  50g
  • ダシ汁 900cc
<作りかた>

  1. 孟宗筍、厚揚げ、生椎茸を食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋にダシ汁と孟宗筍を入れて火にかける。
  3. 煮立ったら、生椎茸、厚揚げの順に加えさらに煮込む。
  4. 孟宗筍が柔らかくなったら、いったん火を止め、酒粕と味噌を溶き入れる。
  5. 時々かき混ぜながら弱火で30分~1時間コトコト煮込めば完成。

 

今年は孟宗竹が豊作のようです。今の時期は、九州(熊本)産の物が沢山出回って

います。早速、今年初の孟宗汁を作りました。やっぱり美味しいです。

これから、何度か作ると思います(自分ではなく、かみさんが作るのですが)

が、ゴールデンウィークに鶴岡の実家に行って、湯田川孟宗の孟宗汁を食して

今年は終了となる予定です。

 

 

まとめ

  • 皆様も一度孟宗汁を作ってみて下さい!シンプルで簡単で美味しいです!
  • ゴールデンウィークは山形県鶴岡市の湯田川温泉へ一度行って見て下さい。

美味しい筍づくし料理が堪能できると思います!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください