仙台近郊の人気ラーメン店
ワインに合う!酒のやまやで【いぶりがっこ】とクリームチーズを買ってみた!

マツです。
いぶりがっこって美味しいですよね。噛めば噛むほど燻製の風味が広がる「いぶりがっこ」。今回はそんな「いぶりがっこ」のクリームチーズ載せを紹介しますが、酒のやまやのチーズコーナーの3点で1000円のコーナーに「いぶりがっこ」が登場したので、手軽に作れます。大人な味わいは、一度食べたらゾッコンになること間違いなしですよ!

いぶりがっことは

「いぶりがっこ」とは、秋田県発祥の漬け物のひとつで、普通の沢庵は大根を軒下などに吊るし干しにするのですが、大根が凍ってしまうのを防ぐため、囲炉裏の上に吊るして燻製にし、米ぬかで漬け込んだもののことを言います。秋田の方言で漬物のことを「がっこ」と呼ぶことから「いぶりがっこ」という名前が付けられたそうです。 たくあんと同じく大根の漬け物ではありますが、たくあんとはまた違った独特の風味が楽しめるのが特徴です。噛めば噛むほど風味や香りが口の中に広がり、食感も楽しいため、ご飯やお茶うけとしてはもちろん、お酒の肴としてもおすすめです。 そんな秋田のご当地グルメ「いぶりがっこ」は、全国的にも有名になりつつあるので、販売量が拡大していて、材料の大根も地元産だけでは足りず、他県から購入して生産量を増やしているそうです。今回は酒のやまやの3点1000円コーナーに初登場してたので、思わず購入しました。

 

 

アメリカンクリームチーズも購入

 

クリームチーズ酒のやまやで購入しました。(チーズ等×3個で¥1000)と格安ですね。

 

 

いぶりがっこのクリームチーズのせを作ってみた

ワインのおつまみには、いぶりがっこのクリームチーズのせが合います。なかでも、クリームチーズとの相性は抜群!いぶりがっこの発祥地、秋田県では定番の食べ方ですが、いぶりがっこの塩気と燻製ならではの独特の香り、クリームチーズのまろやかさが見事にマッチし、お酒も進むのだそうです。作り方は超簡単ですね。今回はスライスされたいぶりがっこなので、これにクリームチーズをたっぷりのせて、オリーブオイルを垂らして、ブラックペッパーを一振りすると、たまらなく美味しい、つまみになります。

 

 

まとめ

やっぱりいぶりがっこクリームチーズの相性は抜群ですね。新型コロナで外出自粛中は、こんな簡単で美味しいおつまみで宅飲みを楽しみましょう。皆様も一度試してみて下さいね。

おすすめの記事