仙台近郊の人気ラーメン店
超お得!楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT2.0サービスが1年無料!

マツです。
楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT2.0」のサービスが2020年4月8日から開始されました。私は2020年1月にワイモバイルから、楽天モバイル「スーパーホーダイ」乗換えました。そしてGW中に「Rakuten UN-LIMIT2.0」に移行したのでサービス内容について紹介したいと思います。

楽天モバイルの新プランRakuten UN-LIMIT2.0とは?

楽天モバイルは自社回線を引っ提げ2019年10月に新規参入する予定だったが、サービス開始は事実上、延期されました。また、2020年3月3日に「Rakuten UN-LIMIT」を発表しました。しかし、サービスプランが、期待を裏切るものだったので、「落胆モバイル」と揶揄されました。それで、4月8日に「Rakuten UN-LIMIT2.0」にバージョンアップしてサービスを開始しました。このサービスが超お得なんです。

「Rakuten UN-LIMIT2.0」プランは何が良いの?

「Rakuten UN-LIMIT」では「データ容量2GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大128kbps」としていたものを「データ容量5GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大1Mbps」へとアップグレードしました。そして「データ容量消費後の通信速度を最大1Mbps」は4月8日(水)より、「データ容量5GB/月」は4月22日(水)より順次、「Rakuten UN-LIMIT」をご契約のすべてのお客様にご利用いただけるようになります。

 

一年間無料の衝撃

 

今回の「Rakuten UN-LIMIT2.0」プランの最もお得なところは、プラン料金2,980円/月なのが、一年間無料になるということです。これはすごいですね。300万名限定ではありますが。私は2020年1月に加入した新「スーパーホーダイ」一年間半額1,480円でもお得だと思ったのに更にその上をいくとは。楽天モバイル・三木谷さん恐るべし。

            

 

ワイモバイルのスマホベーシックプランは?

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、S・M・Rの3種類あります。それぞれの料金はS(4GB:2,680円)、M(12GB:3680円)、R(17GB:4680円)となっており、それぞれ好きなプランを選べるようになっています。
私はワイモバイルの以前のスマホベーシックプランS(MAX高速データ容量3GB/月)に加入していましたが、高速データ容量を使い切ったら128KBになる為、まったく使えない状態でした。料金は当初、月額2,980円これに他社からの乗換え割とか家族割、おうち割(光回線)などで、機種代を含めても月額3,000円程度でした。しかし、様々な割引も2年で終了(お家割-500円のみ有効)したので、料金は高くなりました。しかし、他に良いプランが見当たらなかったので、そのまま機種変更して、4年使用しましたが、非常に不満でした。ただ、ワイモバイルのスマホベーシックプランも最近グレードアップしたようで、月額2,980円⇒月額2,680円へ値下げ(6ヶ月は700円引き・一年間はデータ容量1G増量)とお得になりました。更には契約期間の縛りも解除料もなくなりました。


楽天モバイルとワイモバイルとの比較

楽天モバイル「スーパーホーダイ」に乗換え


2020年1月に楽天モバイル「スーパーホーダイ」がキャンペーンをやっていて格安で乗換えできることを知り、2年縛りの契約が切れるのを待って、楽天モバイル「スーパーホーダイ」プランS(2GB/月)に切り替えました。私のスマホの使用方法は自宅では光回線利用なので高速データ容量は関係ないですが、朝晩の通勤時にSNSやネットサーフィン、メールチェックをするのですが、ワイモバイルの時は月の後半になると高速データ容量を使い果たし、低速128Kになるとまったく使えなくなりました。それに比べて楽天モバイルは通常時でも
低速モードで十分使えるので、常に低速モードにしておき使用します。ただ、昼12:00頃と夕方18:00頃は混み合って遅くなることがあるので、その時は高速モードに切替えて使いました。また、高速データ容量は翌月に繰越し可能なので、上手くすれば4GB/月利用でき、非常に快適に使えます。それから自宅以外でPCをテザリングで使う時にも低速モード(1Mbps)でも十分使えるのは嬉しいですね。

ワイモバイルとRakutenモバイルを比べて見ました!

 

   項   目 Rakutenモバイル ワイモバイル
月額料金(税別) 2,980円/月 2,680円/月
キャンペーン等割引 一年間無料(300万人限定) 新規契約割(-700円:6ケ月間) 1980円
高速データ容量 5GB/月 3GB/月(一年間は4GBに増量)
低速回線速度(bps) 1MB 128k
かけ放題プラン料金 0円(Rakuten Link使用の場合) 1,000円(スーパー誰とでも定額)、10分かけ放題は0円
契約縛り なし なし
メールアドレス 有(@rakuten.jp) 有(@ymobile.ne.jp)
事務手数料(税別) 3,000円 3,394円
SMS 使い放題(国内・海外) 有料(1回送信:3~30円)
iPhone使用 不可(導入未定)
その他

①自社回線内データ通信制限なし
②海外データ通信可能(2G/月)
③オンライン契約でMAX21000ポイント還元

①おうち割-500円(softbank光or softbank air契約で)
②おうち割-100円(でんきセット2年限定)
③家族割-500円(2回線目から9回線目まで)

 

Rakuten UN-LIMIT2.0プランに切り替えてみました

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT2.0」プランに5/2に乗換えて2週間経過しました。スマホの使ってみての感想ですが、高速データ容量は2GB⇒5GBと2.5倍になっているので、問題なくサクサクデータ通信はできるし電話もRakuten Link経由かけ放題なので電話を何回も掛けてみましたが、特に通話品質が悪いということはありませんでした。コロナの影響で外出自粛の為、テザリングでの利用は確認していません。仙台はまだ楽天回線のエリアにはなっていませんが、一年後には楽天回線のエリアになると想定されています。そうすれば、更に使い勝手が良くなると思いますので期待したいと思います。

まとめ

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT2.0」に移行して丁度2週間ですが、まったく問題なく使用できています。かみさんは現在ワイモバイルを使用していますが、スマホが古いので、近々楽天モバイルに乗換えようと思っています。私のように還暦を迎えて、収入が減少した方には楽天モバイルのプランはおすすめですね。ただし、楽天モバイルiPhoneをサポートしていないので、iPhoneじゃないと駄目とこだわりがある方には、おすすめできません。そのうちにiPhoneをサポートするかも知れませんが。

 

 

おすすめの記事