【評判通りの旨さ】若林区六丁の目にある『中華そば煖々(だんだん)』に行ってきた!

マツです。
前から行きたかった若林区六丁の目にある『中華そば煖々』にやっと行けたので紹介します。

『中華そば煖々』とはどういうお店?

『中華そば煖々』は、関東のお店で修業を積んだ店主が、地元仙台で2016年6月にオープンしたお店です。一番人気の「塩そば」は、丸鶏、鶏ガラ、げんこつ、煮干しをじっくり煮込んだスープに貝だしを加えたスープが絶品。小麦が香る、中細の特注のツルモチの多加水麺がスープに良く絡みます。

『中華そば煖々』の店舗情報

店舗情報

  • 連絡先:022-385-5365
  • 住所:仙台市若林区六丁目左近堀2−25
  • アクセス:仙台市営地下鉄東西線 荒井駅徒歩5分
  • 営業時間:[月~土] 11:00~14:30、17:30~20:00(現在、夜の営業を休止中のようです)
         [日]       11:00~15:00
  • 定休日:水曜日
  • 席数:7席
  • 駐車場:有(7台分)
  • 公式Twitter:中華そば煖々

 

『中華そば煖々』のアクセスMAP

 

『中華そば煖々』の店舗の様子

 

駐車場は、店舗前2台分、店舗裏2台分、それと店舗の道路を挟んで向かい側に専用駐車場が3台分の合計7台分あります。

『中華そば煖々』の店舗外観

お店の前には、2台分の駐車場があります。

お店の左側の通路を通ると裏口の駐車場に行けます。

お店の裏に駐車場が2台分あります。

『中華そば煖々』の店舗内観

 

入口を入るとすぐ左手に食券の券売機があります。

席はカンターのみの7席のみです。隣の席とは、アクリル板で仕切られていて、コロナ感染防止対策も万全ですね。

卓上調味料はラー油、酢、こしょうです。

『中華そば煖々』のおすすめは、「和え玉」のようです。のり和え玉辛み和え玉の2種類あります。250円で、そのまま食べても良いし、残ったスープにつけて食べるのも美味しいらしいです。 次回は注文してみたいです。

『中華そば煖々』のメニュー

『中華そば煖々』のレギュラーメニューは、醤油まぜそばの3種類+限定1種類位なので、注文するのにあまり迷うことはなくて良いですね。メニューは次の通りです。

メニュー
❖醤油
・醤油そば     830円
・味玉醤油そば   930円
・チャーシュー醤油そば 1130円
❖塩
・塩そば        830円
・味玉塩そば      930円
・チャーシュー塩そば   1130円
❖まぜそば 
・麺200g     750円
・麺300g     850円
・麺400g     950円
・麺500g    1050円
・麺600g    1150円
❖和え玉
・のり和え玉   250円
・辛み和え玉   250円
❖ご飯物
・炙り肉飯    430円
・辛みひき肉飯  280円
・たまごかけご飯 230円
・ご飯(小)   100円
・ご飯(大)   150円

 

「味玉醤油そば」【930円】と「味玉塩そば」【930円】を注文

 

これが「味玉醤油そば」ですが、具材は、チャーシュー2枚(豚肉と鶏むね肉)、味玉、メンマ、ネギですね。

鶏出汁が効いた醤油味の上品なスープは、凄く美味しいですね。

麺は小麦の風味を感じるストレートの中細麺で、食感が良くてコシもあり、美味しい麺ですね。スープにも良く絡みますね。

味玉も良い具合にできあがっていておいしいです。

チャーシューは2種類ですが、豚肉は大きめで柔らかい。厚さもあり、味付けも良く食べ応えがあります。鶏むね肉も味付けも良く美味しいです。

メンマも一般的な物と異なり、食感と味付けが良く美味しいです。

味玉塩そばは、貝の出汁が効いていて、あっさりめなんですが、コクがあり美味しいですね。

まとめ

美味しいと評判の人気店のラーメンは、間違いなく美味しかったです。カウンターのみ7席しかないので、ランチタイムは行列ができるのを覚悟しなければなりませんね。ただ、オペレーションも完璧なので、回転が良く、そんなに待たなくても良いかも知れません。『中華そば煖々』は、また行ってみたいと思えるお店でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事