【新店訪問】中華そば『飛鳥や(あすかや)』が12/10仙台市泉区にオープンしたので行ってみた!
婦人画報のお取り寄せ

マツです。
中華そば『飛鳥や』が2021年12月10日にオープンしたようなので、行ってみました。しかし、これまでの「雪村グループ」のらーめん店のようなのですが、新しい業態?とのアナウンスもないので良く分からない不思議なお店でしたが紹介します。

中華そば『飛鳥や』とはどういうお店?

中華そば『飛鳥や』は 、泉区野村のヨークタウンの近くにあるラーメン店ですが、少し前は、らーめん「ゆきむら亭」でした。2021年11月29日~12月8日迄、店舗リニューアルの為、休業するとの告知がありました。まったく別のお店になったかと思ったら、どうもそうではないようです。隣の唐揚げ店「鶏一番」も同じ経営となりますが、茨城県土浦市が本社の株式会社雪村 の新形態のお店のようです。株式会社雪村は、茨城県内を中心に千葉県、栃木県、長野県、宮城県へラーメン専門店と中華料理チェーンを展開しています。中華そば『飛鳥や』は、メニューを「中華そば」と「坦々麺」に絞ったお店のようですが、店舗自体に、店名もないので、実験的なお店なんですかね?

中華そば『飛鳥や』の店舗情報

店舗情報

  • 連絡先:022-771-7050
  • 住所:仙台市泉区野村桂島東4-1
  • アクセス:仙台市地下鉄:泉中央駅より約1.5km
  • 営業時間:11:00~15:00/17:00~21:00
  • 定休日:毎月 第1・3水曜
  • 席数:38席(カウンター6席、テーブル32席)
  • 駐車場:有(共用)
  • HP:ゆきむらグループ
  • SNS:なし

中華そば『飛鳥や』のアクセスMAP

 

中華そば『飛鳥や』の様子

中華そば『飛鳥や』の外観

前のお店の名前が消されていて、そのままになっています。

店舗正面もこだわりラーメンの文字だけが、残っています。

中華そば『飛鳥や』の内観

 

券売機を確認すると、メニューは中華そば、チャーシュー麺、坦々麺とライスしかありません。餃子もあるようですが、この日は販売されていませんでした。これだけメニューが絞られているということは、よほど自信があるんだろうと思えます。

4人掛けのテーブル席は32席と広いめですね。テーブルの間隔も広いので、密は避けられそうですね。

カウンターは6席ありますが、2席毎に仕切板が設置されています。

卓上調味料は、ホワイトペッパー、一味唐辛子、酢、醤油ですね。

中華そば『飛鳥や』のメニュー

 

チャーシュー麺【\1,000(税込)】を注文

今回はチャーシュー麺【\1,000(税込)】を注文してみました。具材はおおきめのチャーシュー3枚とネギと海苔1枚のみでした。なんとメンマが入っていませんでした。これで1000円は高いかなという印象です。

大きなチャーシューが3枚はいっています。

スープはあっさりしています。鶏ガラ系スープですかね?まずくはないですが、特別美味しくもない感じでした。

麺はストレートの細麺です。麺もあまりこだわりが感じられない麺でした。

チャーシューは結構厚さもあり、味付けも良く食べ応えがあり、美味しいですね。

完飲・完食しました。ごちそうさまでした。

 

まとめ

中華そば『飛鳥や』は、2021年12月10日にオープンしたようですが、雪村グループのHPをみると、前の店「こだわりらーめんゆきむら」仙台泉店は、11/29~12/8まで店舗リニューアルの為休業するとアナウンスされていました。ということは、たぶん中華そば『飛鳥や』は、「雪村」グループの新業態のお店なんです。共用の看板には中華そば『飛鳥や』の表示はありますが、建物には店舗名が記載されていないのは、どうしてですかね?不思議です。実験店のような運用をしているのですかね?なので、しばらく様子をみる必要があると思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事