仙台近郊の人気ラーメン店
『麺や富嶽(ふがく)』が泉中央に8/25OPENしたので行ってみた!

マツです。
『麺や富嶽』というラーメン店が仙台市泉中央に8/25オープンしました。早速行ってみたので紹介したいと思います。

『麺や富嶽』とはどんなお店?

うまいもん酒場『楽笑』を展開している、有限会社 ケンズダイニングが、日中のみ(11:00~15:00)限定で始めたラーメン店で、居酒屋の一部を利用して『麺や富嶽』として営業しているようです。『麺や富嶽』の特徴としては、全粒粉と国産小麦を独自ブレンドした細麺と、国産小麦とタピオカ粉でもちもち感を出した食べ応えのある中太麺の2種類の麺を使用しているそうです。また、スープは鶏や豚の動物系を使わずに、煮干し、昆布、海老、椎茸、紅花油(ハイオレイック)などから作る、あっさりで旨味が深い白醤油の淡麗系スープを使用しているとのことです。

 

『麺や富嶽』の店舗情報

  • 連絡先:022-344-6728
  • 住所:仙台市泉区泉中央1丁目18-17FEADビル2階(居酒屋「楽笑」)内
  • アクセス:地下鉄泉中央駅 徒歩2分 
  • 営業時間:11:00~15:00(LO14:30)
  • 定休日:なし
  • 席数:24席
  • 駐車場:なし
  • 公式HP:麺や富嶽facebook

『麺や富嶽』のアクセスMAP

 

 

『麺や富嶽』の様子は?

『麺や富嶽』の外観

本日8/30(日) 11:30頃ですが、こんなに並んでいました。やはり、先着50名のみ『淡麗煮干し』が通常750円⇒500円に割引されるのを狙っているんでしょうね。 

『麺や富嶽』の内観

ソーシャルディスタンスの為、お店のスタッフが、1組づつ券売機の処まで案内していました。

券売機には、淡麗煮干しラーメン(500円)のボタンがありました。

カウンターにも、テーブルにも仕切りのアクリル板が設置されていました。

この暖簾で奥の席とは仕切られていて、これより奥のスペースは、使用しないようです。

卓上調味料は、ラーメンコショウと特製酢のみです。

『麺や富嶽』のメニュー

 

淡麗煮干しラーメン(+味玉)注文しました(600円)

 

お店の看板メニューである『淡麗煮干しラーメン』(500円)+味玉(100円)を注文しました。具材は、チャーシュー2種2枚、味玉、穂先メンマ、小さい海苔2枚、ねぎ、カイワレですね。

店員さんより、煮干しペーストがチャーシューに載っているので、溶いてお好みで味変してみて下さいといわれましたが、チャーシューを食べる時に邪魔になるので、すぐに溶かないと駄目ですよね。これは別皿にするか、卓上調味料として置いておく方が良いのではと思いました。

動物系を使わず、煮干し、昆布、海老、椎茸、紅花油(ハイオレイック)などから作られている、あっさりで旨味が深い白醤油の淡麗系スープは、自分の好みの味で美味しかったです。

チャーシューは、鶏むね肉チャーシューと豚肉チャーシューの2種でしたが、どちらも柔らかくて、味付けも丁度良く、美味しかったですね。

穂先メンマは2本で、これも美味しかったです。

 

全粒粉と国産小麦を独自ブレンドしたパッツン系細麺は、スープに合っていて美味しかったです。

完食・完飲しました。ごちそうさまでした。

まとめ

夕方から営業する居酒屋での日中時間帯のラーメン店の営業は凄く良いと思いますね。今後このような営業形態が増えそうな感じがします。行ったことがない人は行ってみて下さいね。また、ライン友達になると、味玉かメンマのサービスがあるようなので、ライン友達になった方が良いと思います。

おすすめの記事