【人気行列店】『餃子と担々麺 吟』で「白胡麻担々麺」を食べてみた!

マツです。
前から行きたかった『餃子と担々麺 吟』ですが、昼に行った時は行列が凄すぎて断念。夜に行った時は、時短営業の為、営業時間内なのに、終了しましたと言われ駄目でした。3度目の正直でにやっと行けたので紹介します。

『餃子と担々麺 吟』とはどういうお店?

「餃子と担々麺 吟」は、仙台市営地下鉄東西線宮城野通駅から徒歩2分、仙台駅東口から徒歩5分と交通の便が良い場所にあります。店主のこだわりが溢れる餃子と担々麺は一度食べるとクセになると大人気の行列店です。一品一品に手間を掛け、一手間を惜しまず、妥協を許さないからこそ出せる旨みを味わえるお店です。コンセプトは「餃子と担々麺 吟」でしか味わえない本物を提供するということのようです。

『餃子と担々麺 吟』の店舗情報

店舗情報

  • 連絡先:022-349-5349
  • 住所:仙台市宮城野区榴岡4-8-6
  • アクセス:仙台駅東口徒歩5分
  • 営業時間:月〜土 11:00〜22:00、日祝 11:00〜15:00
  • 定休日:不定休
  • 席数:10席(カウンターのみ)
  • 駐車場:無
  • 公式HP:餃子と担々麺 吟
  • instagram:餃子と担々麺 吟
  • Facebook:餃子と担々麺 吟

 

『餃子と担々麺 吟』のアクセスMAP

 

『餃子と担々麺 吟』の店舗の様子

『餃子と担々麺 吟』の店舗外観

今日は、平日19:00頃ですが、行列なしですんなり入店できました。前回は、19:40頃に行ったのですが、店内満席、外で待ちの人が2名。お店の方に聞いたら、現在、まん延防止で20時までの時短営業している為、今日は終了ですと言われて入店できず。

餃子は既に完売との表示ありました。

店の入口には、限定商品の看板が掲示されていました。

『餃子と担々麺 吟』の店舗内観

 

カウンター席のみ10席のお店ですが、店内にはジャズが流れているカフェのような、お洒落な雰囲気ですね。

卓上調味料は、酢と餃子のタレのみですね。

『餃子と担々麺 吟』のメニュー

 

餃子も注文しようと思っていましたが、餃子は既に完売していました。

 

 

 

「白胡麻担々麺」【800円(税込)】を注文

 

何にしようか迷いましたが、一番オーソドックス?な「白胡麻担々麺」にしました。注文の時に辛さを聞かれましたが、普通と答えました。しかし、辛さは(強・辛め・中・弱・なし)の5段階を選択できるようです。普通は「中」になったんでしょうね。

具材は、肉そぼろ、ねぎ、みつばとシンプルですね。辛さを普通(中)にしたからか、ラー油も少なめです。

スープは白胡麻のまろやかさと海老と貝柱の魚介系と鶏の旨みが感じられて美味しいです。ただ、辛いのが好きな私にとっては、辛さが足りないと感じました。辛めにすれば良かったと思いました。また、肉そぼろもかなり甘めなので、もう少し辛めでも良いかなと思いました。

多加水の細麺は、コシもあって食感も良く、この担々麺には良く合っていて美味しいですね。

まとめ

「白胡麻担々麺」の感想としては、肉そぼろとスープが、甘すぎてくど過ぎて、口の中にずっと残っている感じでした。いつも担々麺を食べると、辛さが残る感じですが、甘さが残るという不思議な感じでした。好みの問題だとは思いますが、私には合わないタイプの坦々麺でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事