【人気らーめん店訪問】岩沼市の沼田商店『麺組』の味噌らーめんは、甘さとスパイスがくせになる旨さだった!

マツです。
今回は、平日に仙台空港に行く機会があったので、ランチに岩沼市の人気店沼田商店『麺組に行ってみました。一番人気の「味噌らーめん」を食べましたが、評判通りの美味しさだったので紹介します。

沼田商店『麺組』とはどんなお店?

沼田商店『麺組は人気ラーメン店がひしめく激戦区の岩沼市で、2021年には創業20年の歴史を誇る超人気店です。ラーメンwalkerの殿堂入りをはじめ、宮城県のラーメン関連ランキングでは常にトップクラスに君臨し続けています。2017年には岩沼市街地から遠く離れたハナトピア岩沼敷地内に移転したので、席数も大幅に増加、駐車場問題も解決しましたが、相変わらず人気はすさまじく連日大勢のお客さんが押し寄せています。

沼田商店『麺組』の店舗情報

店舗情報

  • 連絡先:0223-23-6268
  • 住所:宮城県岩沼市三色吉字雷神7-1 ハナトピア
  • アクセス:JR東北本線岩沼駅から1,977m
  • 営業時間:11:30~15:00(スープがなくなり次第終了)
  • 定休日:火曜日
  • 席数:42席(カウンター6席、4人掛テーブル等9卓)
  • 駐車場:有(共用60台程度)
  • 公式HP:なし。(参考:食べログ):沼田商店麺組
  • 公式Twitter:沼田商店麺組

沼田商店『麺組』のアクセスMAP

 

沼田商店『麺組』の店舗の様子

沼田商店『麺組』の店舗外観

 

ハナトピア岩沼にあるので、駐車場は60台程度と広いので、人気店で駐車できない問題がないのは良いですね。

ハナトピア岩沼は入場無料で観覧できます。園内は広さ4.8haもあり、季節の花々が咲いています。また、木々の緑や小鳥たちの鳴き声も楽しめますし、芝生の上でのびのびと遊べる野原があります。 他には、農産物直売施設(毎週土・日開催)や体験農園もあります。

ここが沼田商店『麺組が入っている建物ですね。

 

麺組と同じ建物には、産直のお店「ハッピー旬の市」があります。開催は毎週末(土・日)のみのようです。

営業時間は11:30~15:00で、夜営業はしていないようです。

沼田商店『麺組』の店舗内観

 

今回は必要なかったですが、混雑している時は、この順番で食券を店員さんに渡すようです。

待合席もたくさん用意されています。

待ち時間中は、車で待っていても良いようです。

券売機で持ち帰りの袋麺の食券を購入して、こちらで引き換えするようです。

右側がカウンター席6席。左側にテーブル席3卓。奥に行くとボックス席、テーブル席があります。

カウンターは6席ですね。1席のスペースが余裕があって、背の高いアクリル板で仕切られいて良いですね。また、各席に、箸、胡椒、爪楊枝、ティッシュペーパー、ウォーターピッチャーが設置されているのも良いですね。

卓上調味料は胡椒のみですね。

沼田商店『麺組』のメニュー

 

人気NO.1の「味噌らーめん」【870円(税込)】を注文

今回が初訪なので、一番人気の「味噌らーめん」を注文しました。別皿で辛味噌がついての値段はお得な気がします。ただ、びっくりしたのは、全メニュー共に大盛にすると【+230円】にもなるんですね。

具材は、チャーシュー1枚、タマネギ、白菜、もやし、ニンジン、ネギ、白すりごまですね。

味噌らーめんのスープはこれまであまり食したことがない、独特な味でした。一口飲んだ時に甘さが強く濃厚で、カレー味?と思えるようなスパイスが効いています。豚骨ベースに魚介系を加えたダブルスープに、2種類の味噌をブレンドし、数種類のスパイスを加えたスープのようです。口コミでは味噌味なの?など好き嫌いが分かれる所ですが、個人的には好きなタイプなので美味しく感じるスープでした。

麺は中太の縮れ麺で、プリプリもちもちと食感が良く、スープとの相性も抜群ですね。

チャーシューは1枚ですが、厚めで、柔らかく、味付けも良く美味しいです。タマネギ、もやしなどの野菜も炒め具合も良く甘くて美味しかったです。辛味噌は半分以上食べてから入れましたが、元々が甘めの味なので、早めに入れても良いかも知れませんね。

今日もまた完食・完飲しました。美味しかったです。ごちそうさまでした。

まとめ

この日は、平日の13:30頃に行列覚悟で行きましたが、なんと丁度、空いた時間のようで、すんなり座れました。ただ注文してから着丼までは、15分位かかりました。どうも「味噌らーめん」は、提供されるまでに時間がかかるようです。評判通りの人気店で、美味しく頂きました。たぶん休日には行列ができるんだろうと思いますが、次回は、「醤油らーめん」を食べに行きたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事