仙台近郊の人気ラーメン店
【超人気店】麺屋とがしグループの麺屋『とがし本店』で「とがしのら~麺」を食べたが年配者には向かなかった!

マツです。
何故かずっと訪問していなかった泉区の大人気店 麺屋『とがし本店』その理由は、かみさんが以前行った時の感想が、スープが濃厚でドロドロしていて、年配者には向かないと言っていたからでした。しかし、一度は行かないと判断できないと思い行ってみましたが、やはり年配者には難しいかな?ということが分かりました。

麺屋『とがし』とはどういうお店?

山形県山形市出身の富樫社長が、革新的で上質なラーメン店、麺屋武蔵で3年間修行後に、麺屋とがしを2004年7月12日に創業。看板商品のとがしの濃厚つけ麺は、大量の豚骨と鶏ガラをベースにした旨みたっぷりのインパクトのあるスープです。味が白(海老)、黒(カツオ)、赤(辛旨)の3種類からお選び頂けます。白が不動の一番人気となっております。北海道産の小麦粉を中心に作られた、モチモチとコシのある自家製極太麺との相性抜群です。
開業から継ぎ足しで使用しているオリジナルのタレにじっくり漬け込んだジューシーな豚バラチャーシューと、徹底した温度管理のもと低温でじっくり火入れをして、しっとり仕上げたモモチャーシューも絶品です。現在は、『麺屋とがし本店』、『らーめんかいじ泉店』、『麺屋とがし龍冴(りゅうこ)』、『ラーメンみなもと屋』、 『らーめんかいじ東仙台店』、『らーめんかいじ利府店』と、6店舗のらーめん店を仙台市とその近郊に出店している「麺屋とがしグループ」を運営しています。また、「麺屋とがしグループ」で修業された方が独立開業した「らーめんONE」「麺屋くまがい」「麺牛ひろせ」「らぁ麺屋09」も大人気店となっています。

麺屋『とがし本店』の店舗情報

店舗情報

  • 連絡先:022-272-7718
  • 住所:仙台市泉区南光台2-14-59パルネット江波1F
  • アクセス:地下鉄南北線 旭ヶ丘駅より徒歩18分
  • 営業時間:平日11:00~14:30/17:30~21:00
     土・日・祝日11:00~15:00/17:30~21:00     
  • 定休日:なし
  • 席数:10席(カウンターのみ)
  • 駐車場:有(13台)
  • 公式HP:麺屋とがし
  • 公式Twitter:麺屋とがし

麺屋『とがし本店』のアクセスMAP

 

麺屋『とがし本店』の店舗の様子

駐車場は店舗前と店舗横に7台分。店舗裏に6台分あります。

これが店舗裏の駐車場です。指定駐車場以外は駐車厳禁です。

これが店舗横の駐車場です。

麺屋『とがし本店』の店舗外観

 

店舗前の駐車場と店舗外観です。土曜日の12:20頃ですが、やはり人気店のようで、10人程度並んでいました。

食券の券売機は店舗の外に設置されています。

券売機で食券を購入して並んでいると、お店の方が、食券を回収に来ます。この時に、スープの味(白・黒・赤)をどれにするか、麺の量(並盛・中盛・大盛)はどうするか、トッピング(生姜・にんにく・なし)はどうするかを確認されます。

麺屋『とがし本店』の店舗内観

 

卓上調味料は、胡椒、特製辛味、ライム酢、つけ麺用割スープがあります。

 

麺屋『とがし本店』のメニュー

麺屋『とがし本店』メニュー

 

とがしのら~麺」【950円】を注文

 

あっさりめの「とがしのら~麺」を注文。スープの味は一番人気の白(海老)、麺量は中盛、生姜・にんにくは、なしを選択。

具材は、チャーシュー2種、極太メンマ、味付玉子、のり、ネギ2種でした。

スープは動物系に海老の味が半端なく感じられました。ただあっさりめと言っても、濃厚に感じられました。

自家製太麺はスープが絡みやや硬めに茹でられていますが、美味しい麺です。

チャーシューは炙りと普通の2種類入っていました。どちらも美味しいです。

味付玉子も丁寧に作られていて美味しいですね。

まとめ

基本的には美味しいのですが、スープが濃厚でドロドロ過ぎて、私のような年配者には厳しいですね。大体いつもスープは完飲するのですが、今回は、完飲できませんでした。年配者向けのメニューも作って頂けたら、また行きたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事