人気のパン屋さん
ネイティブ広告

マツです!
今年のいちご狩りシーズンも終盤になってきました。
皆さんはいちご狩りというと1月~3月くらいの寒い時期に行くと思いますが、実は終盤の6月が超お得?のようです。一苺一笑松森農場へ行ってきたので、紹介したいと思います。

6月の一苺一笑は何がいいの?

5月後半は、暑い日がつづいたので、とてもいちご狩りなんて気分にはなれませんでしたが、6月に入って仙台も梅雨入りしました。仙台の梅雨は雨が降り、肌寒いので、いちご狩りには丁度良いのではと思い、一苺一笑のHPを確認したら、いちご狩りは6月下旬まで行えるそうです。
また、感謝の気持ちを込めて、シーズンが終わるまでの数週間、いろいろと楽しい企画を用意しているようです。その第一弾として、6月6日(木)~6月10日(月)の5日間の企画です。

お客様感謝企画 第1弾の内容は?

お客様感謝企画 第1弾
【いちご摘みで入場されたお客様限定のイベント】
お好きないちご1kg相当を持ち帰れるというものでした。
大人料金の方・・・お1人につき 1kg相当が入る箱1個 
小人料金の方・・・お1人につき 持ち帰りパック(小)1個
以上がそれぞれプレゼントされます。

これはお得ですよね!早速、6/9(日)に娘と行ってみることにしました。10:00オープンなのですが、そんなに混んではいないだろうと思っていましたが、10:15に到着したら、駐車場は、ほぼ満車状態でした。皆さん、HPやTwitterをチェックしてるんですね。

6月はいちご摘み取り料金も安い

5月GW明けの5/8~6月下旬まで、いちごの摘み取り料金が、大人1600円(40分)と高い時に比べて500円も安いですね。 

受付カウンターでいちごの摘み取りの料金2名分(1600円×2=3200円)を支払うと、お持ち帰り用の箱が貰えます。

貰ったお持ち帰り用の箱はこんな感じです。1kg相当が入る大きさのようです。蓋もついていました。蓋が閉まるぐらい摘んで下さいと言われました。

このように、販売用いちごが2パックが入る大きさの箱ですね。

いちご摘み取りを行います

 

摘み取りの途中です。

 

手洗い場です。いちごで赤くなった手をここで洗います。

持ち帰り用のいちごはこんなにたくさんでいいの?

 

結局、蓋が閉まらないくらいに持ち帰り用いちごを摘み取りました。私たちより早く帰ったおばちゃん達が山盛りで持ち帰っていたので、私たちも多めに持ち帰りましたが、スタッフの人からも何も言われませんでした。

お土産・販売用いちごが並んでいます。

スムージーも美味しそう?

スムージーコーナーもあります。販売されている冷凍いちごを購入(500円)して、スムージーコーナーへ持っていくとスムージーにしてくれます。日によって味が変わるようですが、この日はヨーグルト味でした。いちご摘み取りで食べ過ぎたので、食べれませんでした。

一苺一笑 松森農場の情報 

<イチゴ摘み取りプラン>
◆ご料金◆

  年齢 1/5~2/28 3/1~5/6 5/8~6/下旬
小学校3年~64歳 2,100円 1,900円 1,600円
4歳~小学校2年  1,200円 1,000円  800円
65歳以上 1,800円  1,600円 1,300円
3歳以下 無料 無料 無料

◆営業時間◆ 10:00~16:10(最終受付 15:30)
◆定休日◆ 毎週火曜日
◆アクセス◆
〒981-0111
宮城県仙台市泉区字城前158-1
連絡先:TEL 022-346-8731

開催期間 2019年01月05日~2019年06月
所要時間 40分

毎週火曜日・・・・・・定休日

アクセス

一苺一笑 松森農場(イチゴイチエ マツモリノウジョウ)
〒981-3111 宮城県仙台市泉区松森字城前158-1

まとめ

6月の一苺一笑 松森農場は、お客様感謝企画があってお得が一杯です。第1弾は6/10で終了しましたが、第2弾、第3弾と6月下旬まで続くようです。梅雨時はそんなに気温も高くならないので、苺摘み取りには最適です。
一苺一笑 松森農場のHPTwitterをこまめにチェックして、是非行ってみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事