【開店情報】9/28青葉区の東一市場にOPENしたCafe&Bar『タイニーテーブル』のサンドウィッチをテイクアウトしてみた!

マツです。
2021年9月28日に、仙台市青葉区一番町4丁目仙台三越近くの東一市場にオープンしたカフェ&バー『タイニーテーブルに早速行ってテイクアウトしてみたので紹介します。

カフェ&バー『タイニーテーブル』とはどういうお店?

カフェ&バー『タイニーテーブル』は、級食パン専門店『麦ノ蔵』のオーナーシェフがプロデュースするCafe&Barで、日本初の高級食パンを使った極厚サンドイッチの専門店でもあります。​具材だけでなく、食パンにもこだわったサンドイッチを提供します。イートインスペースは、2Fに13席あり、通常のドリンク・アルコールやカフェメニューに加え、"Humpty Dumpty Sandwich"(ハンプティダンプティサンドイッチ)のサンドイッチ(極厚サンドイッチ)を提供しています。1Fではテイクアウトを行っています。

「ハンプティ・ダンプティ」ってどういう意味?

 

ハンプティ・ダンプティHumpty Dumpty)は、イギリス伝承童謡マザー・グース)の一つであり、また、その童謡に登場するキャラクターの名前である。現代においても児童向けの題材として頻繁に用いられるばかりでなく、「ハンプティ・ダンプティ」はしばしば危うい状況や、ずんぐりむっくりの人物を指す言葉としても用いられている。

                 ーウィキペディア(Wikipedia)より引用ー

何故カフェ&バー『タイニーテーブル』「ハンプティ・ダンプティサンドイッチ」なのかは分かりませんが、極厚サンドイッチが、ずんぐりむっくりの人物を指す言葉と重なるからなのでしょうか?

カフェ&バー『タイニーテーブル』の店舗情報

店舗情報

  • 連絡先:022-397-7911
  • 住所:仙台市青葉区一番町4-7-7
  • アクセス:仙台地下鉄勾当台公園駅から徒歩3分
  • 営業時間:11:00 - 19:00(売り切れ次第終了)
  • 定休日:木曜日(臨時休業あり)
  • 席数:13席
  • 駐車場:無
  • 公式HP:タイニーテーブル
  • 公式instagram:Tiny table

カフェ&バー『タイニーテーブル』のアクセスMAP

カフェ&バー『タイニーテーブル』は、仙台市営地下鉄勾当台公園駅から徒歩3分、仙台三越のすぐ隣にある東一市場にあります。

カフェ&バー『タイニーテーブル』の店舗の様子

カフェ&バー『タイニーテーブル』の店舗外観

カフェ&バー『タイニーテーブル』は、居酒屋「ちょうつがひ」と寿司店「あづま寿司」の間にあります。間口は狭いですが、2Fのイートインスペースもあります。

事前に電話予約して、仕事終わりにテイクアウトしました。

カフェ&バー『タイニーテーブル』の店舗内観

 

カフェ&バー『タイニーテーブル』のメニュー

Mix Menu「たまご&ツナ」【700円】とSingle Menu「ハムとたまごとチーズHECファットサンド」【600円】を注文

かなりボリュームがあり、サンドウィッチを受け取った瞬間に重かったので後悔しました。「ハムとたまごとチーズHECファットサンド」は、焼きたてで提供される為、容器の蓋も曇ってました。

今回は、家族3人で食べましたが、「ハムとたまごとチーズHECファットサンド」が一番美味しいとの皆の感想でした。具材は、卵、ハム、チーズ、レタスが入ってましたね。トーストした高級食パンは間違いない美味しさでした。

たまごのファットサンドも美味しかったです。やはりパンが美味しいからですね。しかし、パンが厚切り過ぎて、ボリューム満点です。

ツナとオニオンのファットサンドも美味しいですが、パンが厚切り過ぎて、ボリューム満点過ぎますね。

大きすぎて、そのままでは食べられないので、半分にカットして食べました。それにしても、家族全員が満腹で、夕食の料理をほとんど食べられず、残ったサンドウィッチは翌日に食べることにしました。

まとめ

カフェ&バー『タイニーテーブル』「ハンプティ・ダンプティサンドイッチ」は、高級食パンを使用しているので、美味しいし、ボリューム満点で、価格もリーズナブルです。家族にも大好評だったので、また買いに行くことになりそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事