人気のパン屋さん
イオンスタイル仙台卸町!スマホで注文サービス導入された?
ネイティブ広告

マツです!
イオンのショッピングセンターのフードコートにおいて、日本初の
新サービスである「Putmenu(プットメニュー)」を2018年1月
導入することを発表しました。
イオングループでは、順次導入店舗を拡大する予定になっているよう
です。宮城県では、今回新規出店のイオンスタイル仙台卸町のフード
コートに導入されたようなので紹介します。

Putmenuとはどういうもの?

「Putmenu」とは注文0分、会計0分を実現するオーダーシステム
なんです。「Putmenu」を導入した飲食店での基本的な流れは次の
ようになるみたいです。
来店客は専用アプリ「Putmenu」来店前に料理と決済方法を
選択しておく来店して着席すると待ち時間なしで注文ができる
料理を食べ終わるとそのままお店を出る(支払は済んでいる為)

フードコートでは「Putmenu」どう使うの?

通常フードコートでは、次のような流れになりますが、「Putmenu」
を使うと、店に並び、注文と支払いを済ませ
再び席に戻るという作業
を席に座ったままできるようになります。

  1. 席を探して確保する⇒席を探して確保する
  2. お店を決める確保した席でお店「Putmenu」で注文
  3. お店に行き並ぶ必要なし
  4. レジで注文・支払必要なし
  5. 席に戻り料理を待つ必要なし
  6. ベル呼び出しを受取りに行くスマホ呼び出しで受取りに行く
  7. 席に戻り食事をする席に戻り食事をする

 

スマホで注文「Putmenu」の利用方法

「Putmenu」を利用するには、まずアプリストアで「Putmenu」
検索し、専用アプリをダウンロード。

実際に使ってみた

「Putmenu」アプリをタップすると、メニュー表示にはBluetooth
オンにして
下さいのポップアップがでます。
ここでスマホの設定でBluetoothをオンにしてから設定をタップします。

今回はミートヒバチのステーキを注文してみます。ミートヒバチの画面をタップ。

ミートヒバチのメニューが表示されます。

ヒレステーキDXセット【1,620円】をタップします。

 

カートに追加します。

注文一覧が表示され、カートに入っている商品が表示されます。

注文の商品を確認したら、支払を行います。クレジットカードを
選択して、名前、カード番号を入力して【お支払】をタップすればOKです。

 

あとは、料理完成をスマホが知らせてくれるので待つだけですね。
「Putmenu」凄く便利ですね。他のフードコートでも導入が進む
と思われますね。

「Putmenu」が使えるフードコートのお店は?

実はフードコートで「Putmenu」が使えるお店は全店ではありません。
フードコートに出店しているお店は14店舗ありますが、使えるのは
11店で、下記3店舗では使えません。

  • ミルメルシークレープ
  • らあめん花月嵐
  • はなまるうどん

 

 

その他の「Putmenu」のメリットは?

「Putmenu」のメリットは、利用者が、列に並ばずに、席に
座ったまま注文も支払もできるということですが、お店側に
も導入メリットがあります。
通常、1人のお客様に注文を聞いてレジを打ち、お勘定をする
のに平均1~2分掛かるそうですが、「Putmenu」導入され
ることにより、その時間がゼロになります。
その分他の作業ができるということになります。なので「Putmenu」
を利用する人が増えれば増えるほど従業員の作業が軽減され、多くの
注文を取ることが可能です。
ただ、券売機を導入しても、従業員の作業は軽減されるとは思いますが。

まとめ

他のお店のフードコートでも「Putmenu」が導入されれば、利用者が
列に並ばずに、席に
座ったまま注文も支払もできるし、また、お店側も
従業員の作業量が軽減されるメリットがあるので、普及するれば良いと
思います。。

 

 

 

 

 

おすすめの記事