2/5オープンのビアレストラン『仙台キッチン』で、旨過ぎるクラフトビールを全種類制覇した!

マツです。
2021年2月5日にJR仙台イーストゲートビル2Fに新規オープンしたビアレストラン『仙台キッチン』に行ってみました。クラフトビールとこだわり料理がとても美味しかったので紹介します。

 

ビアレストラン『仙台キッチン』とはどういうお店?

『仙台キッチン』は、第一興商(東京都品川区)が展開する飲食店「キッチン」のチェーン店で、「大宮キッチン」、札幌、東京(浜松町、大崎)、大阪、岡山に出店し、『仙台キッチン』、7店舗目のお店になります。 『仙台キッチン』席数は132席で、店内は、ウッド調のデザインに緑を取り入れたナチュラルテイストになっています。おひとりさま用のカウンター席のほか、複数人でのパーティーにも対応できるテーブル席や22名迄の完全個室も準備されています。

コンセプトは「クラフトビールとこだわりの料理のペアリングを楽しむ」というように常時15種類のクラフトビールが用意されてあり、ビールによく合う料理を多数ご用意したビアレストランです。手作りの燻製やダイナミックなオーブン料理、煮込み料理が中心で、ミートプレートもおすすめです。6種類のクラフトビールが飲める飲み放題付きのコースも用意されています。また、コースを事前予約すると、早割・遅割で20%割引となるので、これもお得ですね。更には、仙台駅徒歩1分とアクセスも良いので、利用し易いお店ですし、ランチ&テイクアウトも行っています。

ビアレストラン『仙台キッチン』の店舗情報

店舗情報

  • 連絡先:050-5269-9778
  • 住所:仙台市宮城野区榴岡1-1-1 JR仙台イーストゲートビル2F
  • アクセス:JR 仙台駅 徒歩1分
  • 営業時間:11:00 - 23:00
  • 定休日:年中無休
  • 席数:132席
  • 駐車場:有(有料)
  • 公式HP:仙台キッチン
  • 公式ぐるなび:仙台キッチン

 

ビアレストラン『仙台キッチン』のアクセスMAP

 

駅構内のアクセス

仙台キッチンはココです!

 

『仙台キッチン』の店舗の様子

『仙台キッチン』への行き方

『仙台キッチン』への行き方は、二通りあります。一つ目は「JR仙台イーストゲートビル」の1F入口から行く方法、二つ目は、仙台駅東西自由通路から成城石井の前の通路を進んで行くと「JR仙台イーストゲートビル」の2F入口に行けますので、そこから入ります。

「JR仙台イーストゲートビル」1Fの入口はこちらですね。

2Fにはエスカレーターで昇ります。

仙台駅東西自由通路から成城石井の前の通路を進んで行くと「JR仙台イーストゲートビル」の2F入口に行けます。ここが直通の通路ですね。

ここが「JR仙台イーストゲートビル」2Fの入口です。

2Fには仙台初出店のWeWorkが、入居しています。WeWorkは、本社をニューヨークに置くアメリカの企業で、単に場所を提供するシェアオフィスやコワーキングスペースではなく「コミュニティ型ワークスペース」を運営しています。

『仙台キッチン』の店舗外観

 

『仙台キッチン』の店舗内観

 

入口を入るとすぐにすぐにカウンターがあります。

奥にはテーブル席があります。

テーブル席は、2人掛け席と4人掛け席があります。

厨房もオープンになっています。

『仙台キッチン』のメニュー

【プレミアム飲放題】を注文しました

実は今回は、HOTPEPPERグルメで【クラフトビール6種含む★2時間飲み放題付パーティーコース】 を事前に予約していたのですが、予約時間の16:30前に入店した処、予約されていないと言われました。スマホで予約確定の画面を見せたら、調べたら、どうもHOTPEPPERグルメ予約との連携が上手くできていなくて、漏れてしまったとのことでした。それで、今からコース料理を作ると時間が掛かるので、飲み放題+料理は単品での注文を薦められました。そして、お店の手落ちということで、【スタンダード飲み放題1980円】の料金で【プレミアム飲み放題3080円】にしますとのことでした。

【スタンダード飲み放題】では、クラフトビールは本日のクラフトビールの1種類だけですが、【プレミアム飲み放題】では、メニュー表の14種類のクラフトビール14種類が飲めるので、とっても嬉しいですね。

まずは、本日のクラフトビールでもある『ソラチ1984』を注文しました。色は少々うすめの透き通ったゴールドですね。香りは柑橘系とビターな香りが入り混じったような感じです。口に含むとアロマホップからくる華やかで爽やかな酸味と苦味がまず特徴的に表れて、普通のビールとは異なる個性的なビールである事を飲んだ瞬間に感じました。とっても旨いですね。

次は『常陸野ゆずラガー』を注文しました。日本産の柚子をふんだんに使用しているので、繊細で奥深いシトラスの香りがして、柚子の爽やかな酸味とラガーのキレが良いですね。

おつまみ1品目は、おすすめの自家製燻製半熟煮玉子とベーコンのポテトサラダ649円を注文。おすすめだけあって美味しいですね。ただ半熟玉子のはずが、黄身が、硬くなっていたのが残念でした。

次は『TOKYO隅田川ブルーイング チェリールージュ』を注文。色はチェリーを表す華やかな赤色となっています。チェリーを使ったフルーツビアで、アメリカ産チェリーやクランベリーフレーバーなどを加えているので、爽やかで甘酸っぱい味わいになっている。飲んでみたらジュースでした。ビールとは思えないです。



おつまみ2品目は、これもおすすめの『本日のカルパッチョ 3種盛り合わせ1199円を注文。本日は、マグロとタイとサーモンでした。

ビジュアルは最高ですが、味は普通でした。

これが『インドの青鬼』です。色は濃いゴールド。グレープフルーツのような華やかなホップの香りと苦味が強烈な個性派ビールで、モルトの風味をしっかり感じることができ、一度ハマるとクセになってしまう味わいです。これは、苦みが強くて、私が好きなタイプのビールです。

おつまみ3品目は『自家製燻製の6種盛り合わせ1309円を注文。なんと本日は、チーズ・ソーセージ・煮玉子・オイスター・鴨・枝豆・明太子の7種盛りでした。

燻製料理は、それぞれ美味しくてビールにぴったりですね。

これが『瀬戸内バイツェン』『隅田川ブルーイングゴールデンエール』です。『瀬戸内バイツェン』ヴァイツェンとしての個性は生かしながら、バナナのような香り、まったりとした小麦ならではのコク、甘み、酸味などバランスがとれた味わいです。『隅田川ブルーイングゴールデンエール』は華やかなコクと爽やかな後味が楽しめる、輝く黄金色のエールビール。どちらも美味かったです。

これは『COEDO 毬花~Marihana』です。色は淡い黄金で純白の泡にシトラスフルーツを思わせる香りと苦味のあるしっかりとしたフレーバーと、低めのアルコール度数で飲みやすい軽快でクリアな仕上がりになっています。これも特徴があって美味しいです。

これは『ブルックリンラガー』です。色は琥珀色です。アメリカの代表的なクラフトビールで、麦芽の苦味とホップの華やかな香りが際立っています。味わい深く、なめらかな口当たりです。これは、美味しいビールです。

これは『アフターダーク』です。色は黒ビールのような濃色。コーヒーを思わせる香ばしい香りとすっきりした後味の甘味は、嫌な渋みや焦げ臭さがなく、
甘みがあるので飲みやすい。これは、見た目からは黒ビールと思ったのですが、ちょっと違ってコーヒー風味のビールですね。

これが『グランドキリンIPA』です。世界中で愛されているIPA(インディア・ペールエール)スタイルに、こだわりの「ディップホップ」製法で、複数のホップの個性を最大限に引き出し、フルーティで華やかな香りと上質な苦みが楽しめるビールになっています。これは、王道のビールで美味しかったです。

これは『ヒューガルデンホワイト』です。色は白く濁った明るいイエロー。オレンジ、コリアンダー、りんご、アプリコットのような香りがあり、口に含むとさわやかな酸味を感じます。これは、すっきりと飲み易いビールで美味しかったですね。

これが『DHC Premium RICH ALE』です。富士山の伏流水を100%使用した柔らかな口当たりの上質なクラフトビール。シトラスやグレープフルーツの様な柑橘系ホップの豊かな香りと、苦みとコクのバランスが絶妙で、口に広がる成熟した味わいのエールスタイルビール。これもコクと苦みのバランスが良くで美味しかったですね。

おつまみ4品目は『焼キャベツとスルメイカのアンチョビバターソテー869円を注文。これも旨かったですね。バターのコクとアンチョビーの旨みがイカとキャベツを美味しくしていますね。

娘が注文したのは、ハイボールです。

私とかみさんは、最後は赤ワインで〆ました。赤ワインも美味しかったです。

娘は、サングリア(白)で〆ました。甘いですね。

 

まとめ

今回は、仙台駅東口にオープンしたビアレストラン『仙台キッチン』に行ってきました。美味しいクラフトビールと美味しいおつまみを充分楽しめました。クラフトビールを全種類制覇できたし、予約トラブルへのお店の対応も最高でした。開店直後の為、大混雑していましたが、もう少し経過したら、もう一度ゆっくりと行ってみたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事