仙台近郊の人気ラーメン店
雇用保険・労災保険等の追加給付!期待外れ?

マツです。
平成31年1月11日(金)に厚生労働省は、厚生労働省職員の毎月勤労統計調査の不正?(全数調査が必要⇒一部抽出調査を行っていた)が原因で、雇用保険や労災保険に支払い不足が発覚した為、追加給付する事を公表しました。これが、大々的に報道されて話題になっています。私も平成26年に以前勤めていた会社を早期退職し、再就職するまでの間雇用保険を受給していました。

なので間違いなく私も今回の追加給付の対象者となると思っています。また、給付金総額も537億円と莫大な金額となるので、色々と想像して期待していましたが、厚労省の公表を確認すると、雇用保険分は平均1,400円/1人とまったくの期待外れでした 。残念!!

 

気を取り直して、今回の追加給付に関して、分かり易く解説します。

雇用保険・労災保険等の追加給付の概要

厚生労働省の職員が平成16年以降、毎月勤労統計調査の不正?(全数調査するとしていた所⇒一部抽出調査していた。)調査を行っていたのが原因で、平均給与額が実際より低めとなった為、雇用保険や労災保険に支払い不足となりました。この為、正しい給付額を算定して、不足分は追加給付するというものです。

追加給付の対象となる可能性がある方は

追加給付の対象となる可能性がある方は、下記の4つの保険を受給した方に限定されるようです。また、平成16年以降に受給した方が対象となるようです。

(1)雇用保険
(2)労災保険
(3)船員保険
(4)事業主向け助成金

(1)雇用保険関係

「基本手当」,「再就職手当」,「高年齢雇用継続給付」,「育児休業給付」などの雇用保険給付を平成16年8月以降に受給された方が対象となるようです。

【給付金額】
尚、給付金額は、一つの受給期間を通じて一人当たり平均約の追加給付額は平均約1,400円程度となるようです。

【給付総額】
1,400円×1,900万人=約280億円

(2)労災保険

「傷病(補償)年金」、「障害(補償)年金」、「遺族(補償)年金」、「休業(補償)給付」などの労災保険給付や特別支給金等を平成16年7月以降に受給された方が対象となるようです。

【給付金額】
■年金給付
一人当たりの追加給付額は、年金(特別支給金を含む。)は約9万円。
9万円×27万人=約240億円

■休業補償
休業(補償)給付(休業特別支給金を含む。)は一ヶ月平均約300円。
300円×45万人=約1.5億円

(3)船員保険

船員保険制度の「障害年金」、「遺族年金」などの船員保険給付を平成16年8月以降に受給された方が対象となるようです。

【給付金額】
一人当たりの追加給付額は平均約15万円
【給付総額】
15万円×1万人=約16億円

(4)事業主向け助成金

「雇用調整助成金」の支給決定の対象となった休業等期間の初日が平成16年8月から平成23年7月の間であったか、平成26年8月以降であった事業主等が対象となるようです。

【給付総額】
対象延べ件数30万件で約30億円

(5)追加給付総額は?

追加給付対象者は、2019年1月11日現在で、約2,000万人となり、総額は537億円にもなるようです。

厚生労働省の対応方針

追加給付の基本方針

  • 平成16年以降追加給付が必要となる時期に遡って追加給付を実施する(現在受給されている方も含む)
  • コンピュータシステムの改修や住所確認などの最低限の準備を経て、できる限り速やかに追加給付を開始する。
  • 住所データが残っている方については、システム改修等の準備が整い次第、手紙にて連絡をする。

 

書類の保管

追加給付の対象となる可能性がある方で、手許に以下の書類を持っている場合は捨てずに保管しておいた方が良いみたいです。

【雇用保険】
受給資格者証、被保険者証
【労災保険】
支給決定通知・支払振込通知 、年金証書、変更決定通知書
【船員保険】
支給決定通知・振込通知、年金証書、改定通知書
【政府職員失業者退職手当】
失業者退職手当受給資格証等
【就職促進手当】
就職促進手当支給決定通知書など支給の事実が確認
できる書類
【事業主向け助成金】
支給申請書類一式、支給決定通知書
厚労省HPより引用

追加給付の相談窓口

厚生労働省は、無料の電話相談窓口を開設しているので、対象と思われる方は早めに電話してみて下さい。通常は平日のみですが、1/12~1/14の間は休日でも受付けるようです。

★雇用保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-952-807

★労災保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-952-824

★船員保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-843-547

0120-830-008

受付時間 平日8:30~20:00
※1月12日(土)~14日(月)の間はお問い合わせを受け付けます。(8:30~17:15)

※全国どこからでも通話料無料でお電話いただけます。ご相談の期限は、当面、設けません。

厚労省HPより引用

まとめ

まだまだ追加給付までには、時間が掛かりそうですが、たくさん貰えそうな方は、早めに電話連絡してみた方が良いかも知れません。
私は1,400円支給のお手紙がくるのを待とうかな?と思います。

おすすめの記事