2020東京五輪!NHK応援ソング!米津玄師に決定?

Pocket

マツです。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのNHK応援ソングに

米津玄師「パプリカ」が決定したようなのでレポートしてみたいと

思います。

2020東京五輪NHK応援ソング「パプリカ」とは?

米津玄師が、NHKによる東京オリンピック・パラリンピックが開催される

2020年の応援ソングをプロデュースすることが分かった。

米津玄師が作詞・作曲を手がけた『パプリカ』は、オーディションで

選ばれた5人の小学生による新しいユニット「Foorin」が歌う。

発表されたコメントの中で米津玄師は「子どもへ向けた音楽」と説明

しており、「この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きて

いく為(ため)の糧になりますように」とプロデュースの意図を明かしている。

NHKは、2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を

応援するプロジェクトを開始。「東京オリンピック・パラリンピック競技

大会組織委員会」に東京2020公認プログラムとして認証されている。

そのはじまりとして、米津玄師さんがその公式ソング「パプリカ」を手がける。

「パプリカ」は、8月から9月にかけて、NHKの歌番組「みんなのうた」

で放送される予定です。

 

foorin(フーリン)小学生5人組ユニットとは?

foorin(フーリン) とは小学生5人組ユニットで、メンバーは、たける

・りりこ・ちせ・もえの・ひゅうの5人です。

NHKからオファーを受けてプロデュースするのは米津玄師で

新曲「パプリカ」を制作。東京五輪2020公認プログラム〈NHK〉

2020応援、またfoorin(フーリン)のプロディースも米津玄師のようです。

 

「〈NHK〉-」は、2020年に向けた機運を高めるための

NHKの事業(番組やイベント)。アンニュイな風貌と心を打つ

歌詞で若者を魅了し続ける米津が手がけた「パプリカ」は、本人

いわく「ダイレクトに子供へ向けた音楽」だといい、「子供たちが

小さな世界を元気に生きていくための糧になるように」との願いが

込められた。

楽曲を歌うのは、米津自身がオーディションで選んだ、小2から小6

までの5人で結成されたFoorin。まずは8~9月の「みんなのうた」

で同曲がお披露目され、今後、さまざまな形で紹介される。

子供からお年寄りまで一緒になって踊れるキャッチーなダンスが振り付け

られる予定で、“Foorinダンス”にも注目が集まりそうだ。

同曲のCD売り上げや配信の収益及び、米津自身の印税は、全額、スポーツ

振興基金を通じ、次世代アスリート育成支援のために寄付されるという。

なお、NHKの東京五輪のテーマ曲について、どうやら完成したようですね。

 

米津玄師は、10年に一人の天才と言われていて、良い歌を沢山

出しています。

私のような50歳後半の物でも、米津玄師の楽曲は良いと思います。

若い人にも人気があるのが分かります。

TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌「 Lemon 」

仕上がっていると思います。死者?を意識させるドラマのテーマ
にもベストマッチですね。
ネットの情報によると、この楽曲を制作している最中に祖父が亡く
なった事も良い楽曲を制作する上で影響している?のではないかと
言われていますね。

 

 

アンビリーバーズ

私が衝撃を受けたのが、この楽曲「アンビリーバーズ」です。

この楽曲を聞いた時は、誰が歌っているのかも分かりませんでした。

でも、この楽曲を制作した人は天才だと思いました。

 

 

まとめ

2020年東京五輪のテーマ曲も米津玄師に任せておけば

間違いないと思います。

2018年サッカーワールドカップのテーマ曲VOLT-AGE

(ボルテージ)楽曲提供:サチモスでは大失敗しているので、

2020年は失敗できないですね。

サチモスの楽曲も悪くはないんですが、サッカーワールドカップ

には合わないと思います。

頑張れ日本!頑張れ、米津玄師!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください